BTC

BitcoinBTC

ランキング順位 1
コイン
1,050,522ウォッチリストに表示

Bitcoin 価格 (BTC)

¥6,065,269.25
0.14%

23.19 ETH8.68%

最低価格:¥5,877,746.93
最高価格:¥6,167,533.98
24時間
BTC  Bitcoin BTCPrice: ¥6,065,269.25 0.14%
時価総額
¥113,345,477,306,696
0.15%
希薄後時価総額
¥127,370,654,293,449
0.14%
ボリューム
24時間
¥6,436,848,724,059
13.14%
Volume / Market Cap
0.05679
循環サプライ
18,687,625 BTC
89%
最大供給
21,000,000
総合サプライ
18,687,625

Bitcoin Chart

Loading Data

Please wait, we are loading chart data

BTC 価格の生配信データ

Bitcoin 本日の価格 は、¥6,065,269 JPYです。24時間の取引ボリュームは ¥6,436,848,724,059 JPYです。 Bitcoinは過去24時間で0.14%増加しています。 現在のCoinMarketCapランキングは#1位で、時価総額はです。 コインの循環供給量は18,687,625 BTCです と最大最大供給量21,000,000 BTCコイン。

現在Bitcoin取引の上位取引所はBinance, Huobi Global, ZBG, OKEx, 、およびFTXです。 弊社の仮想通貨取引所一覧ページで他の取引所を探すことも可能です。

Bitcoin (BTC)とは?

Bitcoinは、もともと Satoshi Nakamotoという名前を使用して、1人または数名のグループによって2008年の白書で紹介された分散型仮想通貨です。その後まもなく2009年1月にローンチされました。

Bitcoinはピアツーピアのオンライン通貨です。全ての 取引は、平等な独立したネットワーク参加者の間で直接行われることを意味し、仲介業者を通した取引の認可または実行の必要を有しません。Bitcoinは、Nakamoto氏自身の言葉によると、「金融機関を経由することなく、ある当事者から別の当事者へと直接オンライン決済する」ことを可能にするために作られました。

同様のタイプの分散型仮想通貨の概念はBTCに先行するものもありますが、実用化されたもので言うと、Bitcoinが最初の仮想通貨です。

Bitcoinの創立者は誰ですか?

Bitcoinのオリジナルの創立者は、Satoshi Nakamotoというペンネームで知られています。2020年時点で、Satoshi Nakamoto氏が誰なのか、身元は不明のままです。

2008年10月31日、Nakamoto氏はBitcoinの白書を公開しました。白書には、ピアツーピアのオンライン通貨をどのように実現できるかが詳細に説明されています。Nakamoto氏は分散化された取引台帳を暗号化して保護し、ブロックと呼ばれる1まとまりにすることを提案しました。システム全体は、後に「ブロックチェーン」と呼ばれます。

わずか2ヶ月後の2009年1月3日、Nakamoto氏はジェネシスブロックとして知られるビットコインネットワーク上の最初のブロックをマイニングし、世界初の仮想通貨をローンチしました。

Nakamoto氏がBitcoinのオリジナルの創立者であり、その最初の実装者ではあるものの、長年に渡って多数の人が脆弱性を無くすためにパッチを適用し、新機能を追加することにより、仮想通貨のソフトウェアの改善に貢献してきました。

GitHub上のBitcoinのソースコードリポジトリには、750以上の貢献者がリストアップされています。主な人物は、Wladimir J. van der Laan氏, Marco Falke氏, Pieter Wuille氏, Gavin Andresen氏, Jonas Schnelli氏らです。

Bitcoinの特徴は?

Bitcoinの最もユニークな利点は、市場に出現した最初の仮想通貨である点です。

グローバルコミュニティを作り、Bitcoinやその他の仮想通貨を日常生活の中で生みだし、投資、取引、使用する何百万人もの愛好家を抱える全く新しい業界を産み出しました。最初の仮想通貨の出現は、その後、何千もの競合するプロジェクトの開発に影響を与えた概念的かつ技術的基盤を作り出しました。

現在3000億ドル以上の価値を誇る仮想通貨市場全体は、Bitcoinによって実現されたアイデアに基づいています:銀行や金融サービスなどの信頼性のある仲介業者に依存することなく、世界中のどこでも誰でも送受信できるというアイディアです。

その先駆的な性質のおかげで、BTCは10年以上が経過した現在でも、このエネルギッシュな市場の頂点に君臨しています。Bitcoinが明白な優位性を失った後も最大の仮想通貨という地位を維持しています。時価総額は2020年に100億-2000億米ドルの間で変動し、その成功の大部分はウォレット、取引所、決済サービス、オンラインゲームなどBTCのユースケースを提供するプラットフォームの普遍性に起因します。

関連ページ:

BTCのマーケットとブロックチェーンデータをお探しですか?私たちの ブロックエクスプローラー をご覧ください

Bitcoinの購入をお考えですか?CoinMarketCap の ガイド を参照してください

Bitcoinの供給量は?

Bitcoinの総供給量はソフトウェアによって制限され、21,000,000コインを超えることはありません。新しいコインは 「マイニング」と呼ばれるプロセス中に生成されます。取引がネットワーク経由で中継されると、それがマイナーによってピックアップされ、ブロックにパッケージ化され、複雑な暗号化計算を通じて保護されます。

計算リソース消費の補償として、マイナーはブロックチェーンに正常に追加された全てのブロックに対して報酬を受け取ります。Bitcoinのローンチ当時、報酬は1ブロックあたり50ビットコインでした。この数は21万の新しいブロックがマイニングされるたびに半減します。半減は約4年のサイクルで発生します。2020年時点で、ブロック報酬は3回半減し、現在の報酬は6.25BTCとなっています。

Bitcoinは、プレマインされていません。つまり、一般利用可能になる前に、コインがマイニングおよび/または創立者の間で配布されていないことを意味します。しかし、BTCの存在の最初の数年の間は、マイナー間の競争は比較的低く、初期のネットワーク参加者は定期的なマイニングを通じてかなりの量のコインを蓄積することができました。Satoshi Nakamoto氏自身だけで100万以上のBitcoinを所有していると考えられています。

Bitcoinネットワークは安全?

Bitcoinは SHA-256 アルゴリズム で保護されています。このアルゴリズムはハッシュアルゴリズムの SHA-2ファミリーに属し、そのフォークBitcoin Cash (BCH)や他のいくつかの仮想通貨でも使用されています。

Bitcoinの購入方法は?

Bitcoinは、事実上すべての仮想通貨取引所で購入することができます。BTC取引が可能な主な市場の一部は次のとおりです。

仮想通貨初心者ですか?Bitcoin (BTC)を購入するには 簡単ガイド をチェックしてください

Bitcoinウォレットの使い方

Bitcoinウォレットにはウェブ、デスクトップ、ペーパーなどさまざまな種類のウォレットがあります。どのウォレットがお客様に適しているでしょうか?

目次

前のセクションでは、Bitcoinウォレットが何であるか、そして人々がフィアット通貨を取引するために使用する従来の銀行口座とどのように異なるかを学びました。

以下では、さまざまな種類のBitcoin ウォレット (ソフトウェア、ハードウェア、ペーパー)とその使い方についてより詳しく学んでいきます。

これらの3つの基本的なタイプに加えて、Bitcoinウォレットでは、シングルキーまたはマルチシグ技術を使用することができます。ウォレットはさらに、ホットまたは コールドのいずれかとしてさらに区別されます。ホットウォレットはインターネットに接続されていますが、コールドウォレットは完全にオフラインです。

ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットには、ウェブ、デスクトップ、モバイルウォレットが含まれます。

ウェブウォレット

Webウォレットは、ユーザーがWebブラウザを介してBTCブロックチェーンと連携することを可能にし、オンラインサーバーで自分の秘密鍵やその他の情報をホストします。このため、ウェブウォレットもホットウォレットに含まれます。

多くのWebウォレットは、仮想通貨取引所などのサードパーティによってホストされています。これにより、ユーザーは仮想通貨を単一のインターフェイスに保管してシームレスに取引することができます。

仮想通貨取引所でユーザーアカウントを登録すると、通常BTCウォレットが自動的に生成されます。場合によっては、取引所で取引できる仮想通貨ごとに追加で、一連のウォレットが生成されます。

取引所がホストするウォレットの長所は、利便性、使いやすさ、取引所の取引機能との統合性です。

アカウントの登録は、どのオンラインサービスとも似ていますが、通常ユーザーは身分証明書をアップロードして、顧客コンプライアンス (KYC) チェックを完了する必要があります。

ただし、Webウォレットの場合、ユーザーのウォレットキーはサードパーティによって管理され、取引所へのハッキング攻撃や詐欺などのサイバー攻撃に対して脆弱になります。

このため、ログインの2段階または多要素認証、出金アクセス管理、フィッシング対策ツールなど、取引所またはウェブウォレットプロバイダーが提供するすべてのセキュリティツールを最大限に活用することが重要です。

ユーザーがキー管理をサードパーティに委託しなければならないという懸念に対処するため、一部のウェブウォレットはマルチシグウォレットに変化しています。

マルチシグウォレット

マルチシグはマルチシグニチャの略で、複数のユーザーが取引にデジタルで署名することを可能にするデジタル署名技術の一種を指します。

標準的なBitcoinウォレット(ウェブなど)は、シングルキー技術を使用しています。つまり、資金にアクセスするには対応する秘密鍵が1つ必要です。

対照的に、マルチシグウォレットは、取引を認証したり、ウォレットの保有高にアクセスするために、信頼可能なパーティを1つ以上必要とするように構成されています。

マルチシグは、シングルキーに関連する単一障害点を軽減します。マルチシグはまた、企業のウォレットを管理したり、エスクロー取引で使用するのに役立ちます。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは、ユーザーが自分のコンピュータ上でローカルにダウンロードして動作するソフトウェアに依存するため、Webウォレットとは異なります。デスクトップウォレットを使用すると、ユーザーは wallet.dat ファイルとして保存されるキーを管理します。

セキュリティ上の理由から、デスクトップウォレットをインストールしてセットアップする前に、ファイルへのアクセスをパスワードで保護し、コンピュータにウイルスやマルウェアがないことを確認することをお勧めします。

また、wallet.datファイルをバックアップするか、対応するキーまたはシードフレーズをエクスポートすることも重要です。これは、将来コンピューターに問題が発生した場合に備えて、資金を引き出すために必要になります。

モバイルウォレット

モバイルウォレットは、その名の通り、スマートフォンアプリを使用して操作され、QRコードを使用して毎日のBitcoin取引をサポートできるよう設定することができます。一部のモバイルウォレットは、オンライン取引所アカウントのアプリ版であるため、同じユーザーログイン、ウォレット、アカウントに関連付けられています。

ウェブウォレットやデスクトップウォレットと同様に、モバイルウォレットユーザーは、悪意のあるアプリやマルウェア感染のリスクに警戒する必要があります。また、自分のキーを管理できるモバイルウォレットを使用する場合は、秘密キーやシードフレーズをバックアップする必要があります。

ハードウェアウォレット

これまで見てきたように、便利なソフトウェアウォレットは、オンラインサービスおよび/または中央集権型のサードパーティプロバイダーに付きまとうセキュリティリスクに対して脆弱です。

このため、仮想通貨を長期間に渡って安全に保管しようとしているユーザー(HODLERSと呼ばれる)は、多くの場合、インターネットに接続されていない「コールド」なハードウェアウォレットをより安全な代替品として使用します。

ハードウェアウォレットは、通常、乱数発生器(RNG)を使用してウォレットに対応する公開鍵と秘密鍵を生成する小型の電子機器です。

多くの場合、ハードウェアウォレットでは、ユーザーがデバイスへのアクセスを保護するためのセキュリティPINコードを設定できるほか、リカバリ用のフレーズ(ニーモニック・シードとも呼ばれる)も設定できます。

このニーモニックシードは通常、ハードウェアウォレットの秘密鍵のバックアップとして機能する24単語で出来たリカバリーフレーズです。

ハードウェアウォレットはソフトウェアよりも少し使いづらいですが、サイバー攻撃やコンピュータマルウェアの影響を受けないため、仮想通貨を保管する上で最も安全な方法とみなされています。多くのよく知られているハードウェアウォレットモデルには、使いやすいインターフェイスを提供するデスクトップアプリケーションが付属しています。

一部のハードウェアウォレットは、分散型取引所やWebウォレットに接続することができ、アクセシビリティや取引機能との統合ができないといった問題に対処するのに役立ちます。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは、異なる種類のコールドストレージであり、文字通りBitcoinウォレットアドレスと対応する秘密鍵がQRコードの形で印刷された紙片です。

ホットウォレットで生じるリスクに対しては安全ですが、ペーパーウォレットには重大な欠点があります。物理的に薄っぺらいだけでなく、ユーザーはウォレット残高にある金額を一度に全額送金しなくてはいけないという制限が課されます。

ペーパーウォレット保有高の一部だけを使うことができるようにするには、ユーザーは残高全体を別のタイプのウォレット(ウェブ、デスクトップ、ハードウェア)に移し、そこから残高の一部を使う必要があります。

さらにユーザーは、ペーパーウォレット残高の一部だけを別のウォレットに転送しようとすると、残りの資金はデフォルトでBitcoinプロトコルの「お釣り用アドレス」として知られるものに送金される必要があります。元のペーパーウォレットに残ることはありません。お釣り用の新しいペーパーウォレットを指定しない限り、ユーザーは自身の資金を失うリスクに侵されます。

Bitcoinアドレスの作成方法

お客様のメッセージが適切な人に届くようにメールアドレスが保証するのと同様に、Bitcoinアドレスはお客様の仮想通貨が安全に送信されることを保証します。

目次

さて、お客様はBitcoinの購入を決めました。でも待って!他の人はBitcoinアドレスについての話題で持ちきり。秘密鍵が必要なの?Bitcoinウォレットは関係あるの?弊社独自のシンプルで分かりやすいガイドを参照して、仮想通貨アドレスを作成しましょう。

Bitcoinアドレスとは?

お客様のメッセージが適切な人に届くようにメールアドレスが保証するのと同様に、Bitcoinアドレスはお客様の仮想通貨が安全に送信されることを保証します。

公開鍵は、BTCを送受信することを可能にする暗号化されたコードです。場合によっては、QRコード形式で表示されます。

ありがたいことに、Bitcoinネットワークの使用を開始するにあたって、コンピュータ科学の博士号等は必要ありません。ほとんどの取引所やウォレットは、Bitcoinを購入した後にお客様専用のアドレスを作成します。

アドレス生成の方法は?

アドレスは、25-36文字の英数字から成っていて非常に長いので、面倒だと思われるかもしれません。BTCアドレスは、「1」、「3」、または「BC1」から始まります。

Bitcoin取引は、銀行口座振込のように取り消しや払い戻しができません。つまり、送信前にアドレスが正しいか数回確認することが大変重要です。

Bitcoinの支払いが間違った仮想通貨ウォレットに送られた場合、着金者から資金を送り返してもらうのは非常に困難を極めます。

Bitcoinアドレスの保管方法は?

公開鍵と秘密鍵を安全に保つことも非常に重要です。悪意を持つ人々からBitcoinを保護する方法はいくつかあります。

1. BTC取引所 : CoinbaseやBinanceのようなプラットフォームは、PayPalアカウントやオンラインバンキングにログインするのと同じような、使い慣れたユーザーエクスピリエンスを提供しています。これらのモバイルウォレットは、AndroidとiOSで利用でき、全取引履歴を見ることができます。さらに強固なのは、パスフレーズと二段階認証です。アカウントの安全性を維持するのに役立ちます。

2.ハードウェアウォレット: オンラインブロックチェーンウォレットの欠点は、インターネットに接続されたいわゆる「ホットウォレット」に資産が保管されている場合、盗まれる危険性が伴うことです。ハードウェアウォレットとは、コインが暗号化され、物理的なデバイス、オフライン、もしくはコールドストレージに保管されることを意味します。これらの製品の多くは、Ethereumを含む他の仮想通貨もサポートしています。

3.ペーパーウォレット: 古いやり方に則る場合、Bitcoinアドレスを紙に書き留めるか、印刷することもできます。紙しかしこのアプローチにもリスクが伴わないわけではありません。ペーパーウォレットを紛失した場合、BTCは永久に失われる可能性があります。

仮想通貨を安全に保有するためのヒント

もしお客様が500万円持っていたら、全額財布に所持はしませんよね。BTCも同じです。

複数のBitcoinアドレスを使用すると、仮想通貨が1つの場所だけに集約されていないことになるので、賢い資産保有方法です。

モバイルウォレットは、お客様が少額決済を行う場合に、少量のBitcoinを保有するのに最適ですが、日常的に簡単にアクセスする必要がない資金を安全に保管するためには、最先端のハードウェアウォレットに頼ることが推奨されます。お客様の仮想通貨を安全に保つための簡単なガイドはこちらを参照してください。

Bitcoinの送金方法

さて、お客様はBitcoinを購入して売却しました。次に、今までとは違うことを学びます。Bitcoinの送金方法です。

目次

Bitcoin(BTC)は、ピアツーピア電子キャッシュシステムであり、ユーザーは仲介無く国境を越えて直接取引することができます。Bitcoinを送信するには、ユーザーはBitcoin取引に必要な基本的なインフラストラクチャに慣れる必要があります。

Bitcoinウォレット

Bitcoin (BTC)を送信するにはBitcoinウォレットが必要です。ウォレットは、Bitcoinブロックチェーン内での取引に使用します。

ユーザーの仮想通貨を保管しているBTCウォレットを財布に例えて理解するのが一般的です。しかし実際は、ブロックチェーン取引を介して仮想通貨を送受信する際に必要となる情報を生成しているというのが正確な理解です。

Bitcoinウォレットには、ソフトウェア、ハードウェア、ペーパーの3つの主要なタイプがあり、機能面とセキュリティ面で異なっています。Bitcoinウォレットがインターネットに接続されているかどうかによってさらに、「ホット」または 「コールド」 ウォレットに分かれます。

ユーザーは、例えば他者への支払いや取引において、もしくは自身の他のBitcoinウォレットにBTCを送金する等のケースがあります(仮想通貨取引やHODLing用など)。

そのアドレスが特にBitcoinウォレットであれば、どのウォレットアドレス(ソフトウェア、ハードウェア、ペーパーなど)でも利用できます。ただし、次の仮想通貨Ethereum(ETH)、Bitcoin Cash(BCH)、またはXRPのように異なる仮想通貨用に設計されたウォレットでは使用できません。

Bitcoin送金:いくつかの重要ポイント

BTCを送信する正確なプロセスは、使用するウォレットとウォレットプロバイダの種類によって異なります。

すべての場合において、モバイルアプリ、デスクトップアプリケーション、ウェブブラウザ、Bitcoin ATMなど、提供されたインターフェイスを使用して送信するBitcoinの量を定義する必要があります。

また、受取人のウォレットアドレスを知っているか、アクセス権限を持っている必要があります。ウォレットアドレスは、着金先アドレスとして入力します。

1人のユーザーはBitcoinウォレットを使用して複数の新しいウォレットアドレスを生成でき、それぞれに固有の秘密鍵が割り当てられます。この秘密鍵は固定のままであり、他の人に知られてはいけません。関連するウォレットアドレスはBitcoinブロックチェーン上で 公開 されます。

プロセスを簡素化するために、一部のソフトウェア(およびペーパー)ウォレットプロバイダーでは、ユーザーはQRコードをスキャンして相手のアドレスにアクセスすることができます。一部のウォレットプロバイダーでは、相手のウォレットアドレスに関連付けられた電子メールアドレスをユーザーが入力することもできます。

QRコードまたはEメールがサポートされていない場合は、受取人のBitcoinアドレスを構成する英数字を確認する必要があります。他人の銀行口座に送る場合と同様です。

同じユーザーが仮想通貨取引所でホストされている2つのソフトウェアウォレット(CoinbaseとCoinbase Pro Bitcoinなど)の間でBitcoinを送信する場合、 Bitcoinを送信 する機能は、 Bitcoinの入金/受取 として記載されているかもしれません。

ハードウェアウォレット(Ledger Nano S など)からBTCを送信する場合、ユーザーは通常ハードウェアデバイスとの連携を可能にするデスクトップアプリケーションを使用する必要があります。

BTCを送信する際に注意すべきことは、ユーザーが取引手数料をどれだけ高くするか設定できる場合がある点です。通常、取引手数料が低いほど、Bitcoinブロックチェーンで取引が確認されるまでに時間がかかります。

メモリプールとは?

Bitcoin取引がどのような仕組みで行われるのかを調べていると、"Mempool" という単語が出てくるかもしれません。「メモリ」と「プール」の2つの単語を組み合わせて出来た造語です。

Mempoolは、マイナーによってまだ検証されておらず、ブロックチェーンの次のブロックに追加されていないすべてのBTC取引の記録です。Mempoolは一時的にネットワーク内の各ノードに保存され、いわば保留中のBitcoin取引のための緩衝地帯または待合室として機能します。

Mempool取引は、新しいブロックがブロックチェーンに追加されるたびに定期的にクリアされます。Mempoolで待機している保留中の取引は、最低取引手数料のしきい値を満たした場合にのみクリア(処理)されます。

したがって、Mempool内の優先度の低い取引、つまり手数料が低い取引は、処理・確認されるまで複数のブロック分を待たなければならないことがあるということです。

Bitcoinのマイニング方法

自宅でBitcoinをマイニングすることはできなくなりましたが、銀行を壊すことなく仮想通貨マイニングに参加する方法はまだあります。

目次

BTCマイニングは、年を経るごとにどんどん難しくなっています。仮想通貨初期の頃は、ノートパソコンを持っている人であれば、誰でも新しいコインをマイニングすることができました。複雑な数学的問題を解いて、新しい取引ブロックを検証すると、50BTCの報酬が与えられました。(このブロック報酬は、当時50ドルの価値しかなかった可能性があり、このデジタル通貨が最終的にはどれほどの価値になるのか誰も知りませんでした。)

最近では、Bitcoinマイナーとなるのはそれほど簡単ではありません。ブロック報酬は数年ごとに半減しています。流通する新たなBitcoinの数は、ブロックあたりわずか6.25BTCまで減少しました。それにもかかわらず、Bitcoin取引はまだ検証される必要があります。つまり、取引手数料は、重要な収入源となっているということです。

ここでは、Bitcoinマイニングがどのように機能するかを説明し、ブロックチェーンの稼働を維持するために必要なコンピューティングパワーを探り、マイニングハードウェアがうまく活用できる他のプルーフオブワークシステムのいくつかを見ていきます。

Bitcoinネットワークでの取引の仕組み

新しいBitcoin生産に関連する情報に埋もれてしまう前に、まずはBitcoinブロックがマイニングされる簡単な仕組みを理解しましょう。

ご存知のように、ブロックチェーンにはBitcoinの完全な取引記録が残るようになっており、最初のブロックがマイニングされた2009年まで遡ることができます。長年にわたり、ブロックのチェーンが生成され、過去の取引は実質修正不可能となっています。取引データを修正するには、その後に来るすべてのブロックを再計算する必要があります。それには膨大な量のコンピューティングデータを必要とします。

公開元帳の最大の利点の1つは、同じBitcoinが同時に2回使用されないようBitcoinの二重使用を防ぐのに役立っている点です。紙幣も二重使用を防ぐことができます。例えば、ビデオゲームを手に入れるには物理的に店員に50ドルを渡さなければなりません。その後、隣の店に向かい同じ紙幣を使い靴を買うことはできません。

BTCマイニングプロセスに戻りましょう。新規のブロックは10分ごとに生成されます。これは、1時間に約6回、Bitcoinマイナーがブロック報酬を受け取るため大規模な競争を行なっていることを意味します。

マイニングは多くの計算能力を要し、ブロックを検証できたラッキーな人は、ネットワークの参加者の誰よりも早く数学的問題を解決できたことを意味します。(大量の処理能力がDoS攻撃を防ぐのに役立つので、プルーフオブワークの意義はそこにあります)

パズルを解くことは、1MBの新しいブロックが生成されることを意味します。確認待ちのBitcoin取引は、その後メモリプールから収集されます。Bitcoinマイナーは、取引ブロックに対して高い手数料を支払う意思のあるBitcoinユーザーを優先しがちです。

この新しいブロックには、「コインベース取引」として知られているものも含まれています。これが、Bitcoinマイナーが6.25BTCの努力報酬と、ブロックに含まれるすべての支払いの取引手数料を収集する方法です。

すごいですね。10分という短時間で様々なことが起こっています。さて、BTCマイニングがどのように行われるのか、大まかには理解しました。次に、詳細に入りましょう。次の部分は、コーヒー片手にでも読んでみてください。

ハッシュレートとは?

ハッシュレートは、Bitcoinブロックチェーンが現在どれくらい健全であるかを示す重要なバロメーターです。一言で言えば、Bitcoinネットワークに現在どれくらいの処理能力があるかの総観です。

つまりハッシュレートは、Bitcoinマイナーが取引ブロックの処理に費しているコンピューティングパワーの総量を教えてくれます。ハッシュパワーのレベルが高いほど、ブロックチェーンの安全性が高くなります。

仮想通貨マイニングが一貫して行われ、10分ごとに新しいブロックが生成されていることを保証するために、ブロックチェーンのマイニング難易度は約2週間というサイクルで定期的に調整されます。ハッシュレートが高レベルであっても、ブロック報酬を得るために必要な数学的問題が簡単すぎると新しいBTCは急速に流通することになります。(計算能力が高すぎると、同様の問題が起きます)。

私たちのガイドの次セクションでは、Bitcoinを正常にマイニングするためのスターターキットを紹介します。

Bitcoinマイニングリグとは?

マイニングリグは、新しいBitcoinを鋳造するために特別に設計された高度なセットアップです。

最先端のプロセッシングユニットは、可能な限り最高のハッシュレートを提供することを目指しています。これにより、数学的問題を解決する最初のマイナーになれる可能性が高くなります。

いくつかの企業がBitcoinマイニングハードウェアを設計していますが、代わりに独自のハードウェアを構築することもできます。電力コストは大きな考慮事項です。エネルギー消費の費用はブロック報酬よりも大きくなる可能性があります。

Bitcoinマイニングリグの主な要素は、マザーボード、信頼性の高いグラフィックカード(NvidiaとAMDが主要なサプライヤーの2つです)、耐障害性のある電源、インフラストラクチャの過熱を防ぐ冷却ソリューション、信頼性の高いプロセッサ、そして、マイニングリグを一緒にまとめ埃から保護する堅牢なフレームです。

主要なマイニングリグの種類

まずは、最も一般的なマイニングリグのいくつかを見てみましょう。Bitcoinマイニングハードウェアの各タイプには長所と短所があります。

  • ASICマイニング:これは、特定用途向け集積回路(Application Specific Integrated Circuitの略)を意味します。これらのデバイスは、Bitcoinやその他の仮想通貨をマイニングするという唯一の目的で設計されています。このハードウェアには様々な形があり、値段も異なります。一部のキットは、電力コストを最小限に抑えながらも卓越したレベルの計算能力を提供できるというメリットがあります。

  • Scryptマイニング:このマイニングアプローチは、Litecoinブロックチェーンで特に人気があります。これは、SHA-256 ハッシュアルゴリズムの改善版として機能するように設計されています。Scryptを通じて、マイナーはできるだけ早く乱数を生成し、RAMに保存する必要があります。このアプローチは、GPUを持つマイナーにとって特に有利ですが、ASICマイナーには不利なため、平等な活躍の場を作り出すことができます。

  • GPUマイニング これは、マイニングファームの間で最も人気のあるアプローチであるようです。ここでは、グラフィックカードを使用してブロックチェーンからデータをマイニングします。グラフィックカードは効果的ですが、非常に高価である可能性があります。また、規格変更の際にはすぐに使用ができなくなる可能性があります。また、メンテナンスが大変で、冷却と確実な電力供給が必須です。

  • CPUマイニング:簡単に言うと、これはコンピューターから仮想通貨をマイニングすることを含みます。シンプルで安価なアプローチですが、残念ながらBTCマイニングには向いていません。この方法はアルトコインに向いています。場合によっては、バックグラウンドで実行され、予備のコンピューティングパワーを使用して仮想通貨をマイニングできるソフトウェアを見つけることができます。

代替案は次のとおりです。マイニングプール 及び クラウドマイニング

これらのハイテク機器に大枚を叩く以外にも方法はあります。名前が示すように、マイニングプールは他の人のコンピューティング能力を組み合わせて、新しいブロックを検証するチャンスを高めます。成功した場合、ブロック報酬はグループ内で分割されます。

もう一つはクラウドマイニングです。Bitcoinマイニングハードウェアをすべて自分で手に入れる代わりに、リモートのマイニングファームから処理能力を購入します。これは、お客様が収益カットを受け取ることから、投資家の行うやり方に匹敵します。このようにマイニングパワーを売る合法的なベンチャーもありますが、詐欺ベンチャーも存在します。お客様の方では負担が少ないものの、高額な月額料金で長期契約を強いられる可能性もあります。お客様の利益に影響するので、最終的には損失となる場合もあります。

Bitcoinマイニングを始めるべき?

残念ながら、Bitcoinマイニングは簡単ではありません。 膨大な量 の電力を使用します。(分かりやすく例えると、ブロックチェーンは毎年68.13テラワット時の電力を消費します。人口1070万人を誇るチェコ共和国で使用される電力の量に相当します)1回の取引は、米国の一般家庭が20日間使用する電力量に相当します。Digiconomistの調査による)

Bitcoinマイニングは、特に電気がかなり安価である地域で、有利となります。収益性のレベルは、Bitcoinの現在の価格によっても決まります。BTC価格が$4,000程度の場合、この程度の努力を費やすことは無駄かもしれません。マイニング難易度が低いときに参加することは、最終的には多額の利益を得る可能性に繋がります。

Altcoinマイニングの機会は?

もちろん、マイニングハードウェアを小さなブロックチェーンでうまく利用することもできます。(それを踏まえた上で、Ethereumブロックチェーンがプルーフオブワークコンセンサスメカニズムを段階的に廃止している現状があります。これはETHが数ヶ月以内にマイニングされなくなることを意味します)。

Dogecoinは、Scryptアプローチを使用するアルトコインの例です。SHA-256 Bitcoinマイニングハードウェアと互換性がありません。残念なことに、このネタ通貨は、CPUを使用してマイニングすることも困難になっています。ASICに投資する必要があるかもしれません。(DOGEが1セント以下で取引されていることを考えると、価格上昇の余地はあまりないかもしれません。)

代替案には、LitecoinMoneroZcashなどがあります。これらはすべて、プルーフオブワークコンセンサスメカニズムに依存します。

converter-coin-logo

BTC

Bitcoin

converter-coin-logo

JPY

Japanese Yen

BTC価格統計

Bitcoin 今日の価格
Bitcoin 価格¥6,065,269.25
価格推移24h¥8,761.93
0.14%
24H最低/24H最高
¥5,877,746.93 /
¥6,167,533.98
取引高24h¥6,436,848,724,058.67
13.14%
Volume / Market Cap0.05679
市場占有率50.50%
市場ランキング#1
Bitcoin時価総額
時価総額¥113,345,477,306,696.06
0.15%
希薄後時価総額¥127,370,654,293,449.06
0.14%
Bitcoin 昨日の価格
昨日の最低/最高
¥5,776,905.59 /
¥6,167,533.98
昨日の始値/終値
¥6,018,338.70 /
¥6,103,859.46
昨日の変動

1.42%

昨日のボリューム¥7,333,460,255,033.46
Bitcoin 価格履歴
7日間最低/7日間最高
¥5,710,053.98 /
¥6,898,133.53
30日間最低/30日間最高
¥5,496,806.80 /
¥7,010,695.61
90日間最低/90日間最高
¥3,129,410.82 /
¥7,010,695.61
52週最低/52週最高
¥742,300.75 /
¥7,010,695.61
過去最高値
Apr 14, 2021 (7 days ago)
¥7,010,695.61
13.49%
過去最低値
Jul 05, 2013 (8 years ago)
¥7,082.35
85539.28%
Bitcoin ROI

41372.02%

Bitcoin 供給
循環サプライ18,687,625 BTC
総合サプライ18,687,625 BTC
最大供給21,000,000 BTC