LUNA

TerraLUNA

ランキング順位 32
コイン
33,248ウォッチリストに表示

Terra 価格 (LUNA)

¥699.02
4.29%

0.0001318 BTC4.54%

0.004103 ETH0.47%

最低価格:¥686.10
最高価格:¥766.00
24時間
LUNA  Terra LUNAPrice: ¥699.02 4.29%
時価総額
¥293,252,593,316
5.18%
希薄後時価総額
¥667,013,342,956
4.29%
ボリューム
24時間
¥26,345,124,746
34.98%
循環サプライ
419,520,210 LUNA
最大供給
--
総合サプライ
954,213,481
 

How do you feel about Terra today?

Vote to see community results

Terraについて

Terra (LUNA)とは?

Terraはブロックチェーンプロトコルで、フィアット通貨とペッグされた ステーブルコインを使用して、グローバルな決済システムを運用します。白書によると、Terraは価格安定性及びフィアット通貨の両方を、検閲耐性のあるBitcoin (BTC)と[組み合わせて]、迅速かつ手頃な決済手段を提供しています。

Terraの開発は2018年1月より始まり、2019年4月にメインネットが正式に 開始されました。2020年9月現在、米国ドル、韓国ウォン、モンゴルのトゥグルグ、国際通貨基金の通貨特別引出権に紐付いた通貨とペッグされたステーブルコインがオファーされていて、今後は他のオプションも順次導入されていく予定です。

TerraのネイティブトークンであるLUNAは、プロトコルのステーブルコインの価格を安定させるために使用されています。LUNA保有者は、ガバナンスに関する提案を提出して投票することもできます。

Terraの創立者は?

Terraは2018年1月にDaniel Shin氏とDo Kwon氏によって創立されました。両者は価格安定性とユーザビリティに焦点を当てながら、ブロックチェーン技術と仮想通貨の迅速な採用を促進する方法としてTerraを考案しました。Kwon氏は、Terra社の後ろ盾であるTerraform Labs社のCEOに就任しています。

Terraを開発する以前、Shin氏は韓国の主要な電子取引プラットフォームとして知られるTicket Monster社(別名TMON)を共同創設しました。彼は後にスタートアップインキュベーターであるFast Track Asia社も共同創設し、スタートアップ企業の立ち上げを支援しています。

Kwon氏は、分散型ワイヤレスメッシュネットワークソリューションを提供するスタートアップであるAnyfi社の創立を行い、同社のCEOを務めました。また、Microsoft社とApple社でソフトウェアエンジニアとしても活躍しました。

Terraの特徴は?

Terraは、フィアット通貨とペッグされたステーブルコインの使用を通じて他との差別化を図っています。仮想通貨のボーダーレスな利点とフィアット通貨の価格安定性を組み合わせています。フィアット通貨との1:1のペグ割合は、需要に基づいてステーブルコインの供給量を自動的に調整するアルゴリズムを介して維持されます。これは、需要に合わせてステーブルコインの供給を増減させるために、LUNA保有者にステーブルコインを有益な為替レートで交換するインセンティブを与えることで実現されます。

Terraは、特にアジア太平洋地域において、数多くの決済プラットフォームとパートナーシップを提携しています。2019年7月、Terraは韓国に拠点を置くモバイル決済アプリケーションChaiとの提携を発表しました。このアプリでは、イーコマースプラットフォーム上でアプリを使用して行われた注文はTerraブロックチェーンネットワークを介して処理されます。各取引ごとに、(平均) 2% ~ 3% の手数料がマーチャントに請求されます。

Terraは、Terraの採用を推奨する企業およびプラットフォームグループTerra Allianceによってサポートされています。2019年2月、同社は、4500万のユーザーベースと250億ドルの総流通額を抱える10カ国の電子商取引プラットフォームが、アライアンスのメンバーであったことを[発表]しました (https://medium.com/terra-money/state-of-the-terra-alliance-d7f3ff8f6411)。

関連ページ: 時価総額で一番人気のステーブルコインである Tether

について学ぶ

決済業界に革命を起こそうとしている仮想通貨プロジェクト Zilliqa について学ぶ

ステーブルコインに興味がありますか?CoinMarketCapのオンライン教育リソースであるAlexandriaの [詳細なガイド](https://coinmarketcap.com/alexandria/article/what-is-a-stablecoin)を読みましょう

CoinMarketCap ブログにアクセスして、ステーブルコインが決済業界をどのように変えているのか学びましょう

Terra (LUNA)の供給量は?

Terraの供給量は10億トークンです。この数を超えると、LUNAは平衡供給量に戻るまで焼却されます。新しいLUNAトークンは、Terraステーブルコインの価格を維持するために、必要に応じてプロトコルのアルゴリズムを介して鋳造されます。

LUNAは、BinanceOKEXHuobi https://coinmarketcap.com/ja/exchanges/huobi-global/)などの主要な取引所を含み、当初は初期投資家のプライベートセールで購入可能でした。2018年8月に販売は終了し、その結果、Terraは3200万ドルを[調達](https://apnews.com/press-release/pr-businesswire/17b21abbc037464a94c721b9a60587f2)しました。販売用に鋳造された385,245,974LUNAのうち、10%はTerraform Labs社用、20%は従業員とプロジェクト貢献者用、20%がTerra Alliance社に、20%が価格安定準備高として、26%がプロジェクトの後援者に、4%がジェネシスリクイディティに割り当てられました

Terra Networkは安全?

Terraブロックチェーンは、Tendermintに基づくプルーフオブステーク コンセンサス アルゴリズムを使用して保護されています。このアルゴリズムでは、LUNAトークンホルダーは、トークンを[ステーク(https://coinmarketcap.com/alexandria/glossary/staking)して、取引を検証し、ステークされたLUNAの保有額に比例して報酬を受け取ります。トークン所有者は、他の人に代わって取引を検証するよう委任し、生成された収益を共有することもできます。Terraは、ネットワークのセキュリティを維持するためのベストプラクティスに関するバリデータノードへの追加ガイダンスも 提供しています。

2019年5月、Terraメインネットが配信された直後、ブロックチェーンの検証と侵入テスト会社を行う CertiK社によってネットワークのセキュリティ監査が行われました。マーケット操作、アーキテクチャとそのコーディング言語にテストを実行し経済モデルが検証されました。CertiK社は、Terraネットワークの「モデリングと数学的推論」は「健全」であるとしましたが、ブロックチェーンのパフォーマンスについてはコメントを控えました。

Terra (LUNA)の購入方法は?

TerraのネイティブトークンであるLUNAは、HuobiBitfinexUpbitなど、いくつかの仮想通貨取引所に上場しています。フィアット通貨、ステーブルコインとの交換も可能です。

LUNAやBitcoinなど他の仮想通貨を購入希望ですか?CoinMarketCapにはシンプルな ステップバイステップガイドがあり、仮想通貨についての詳細やと最適な入門コインについて詳しく知ることができます

converter-coin-logo

LUNA

Terra

converter-coin-logo

JPY

Japanese Yen

converter-coin-logo

LUNA

Terra

converter-coin-logo

JPY

Japanese Yen

LUNA価格統計

Terra 今日の価格
Terra 価格¥699.02
価格推移24h¥-31.34
4.29%
24H最低/24H最高
¥686.10 /
¥766.00
取引高24h¥26,345,124,745.60
34.98%
市場占有率データなし
市場ランキング#32
Terra時価総額
時価総額¥293,252,593,316.12
5.18%
希薄後時価総額¥667,013,342,956.18
4.29%
Terra 昨日の価格
昨日の最低/最高
¥681.91 /
¥814.25
昨日の始値/終値
¥714.71 /
¥710.87
昨日の変動

0.54%

昨日のボリューム¥36,880,705,026.87
Terra 価格履歴
7日間最低/7日間最高
¥591.89 /
¥893.32
30日間最低/30日間最高
¥118.27 /
¥893.32
90日間最低/90日間最高
¥39.86 /
¥893.32
52週最低/52週最高
¥12.76 /
¥893.32
過去最高値
Feb 22, 2021 (3 days ago)
¥893.32
21.75%
過去最低値
Mar 13, 2020 (a year ago)
¥12.74
5387.91%
Terra ROI

286.5%

Terra 供給
循環サプライ419,520,210 LUNA
総合サプライ954,213,481 LUNA
最大供給データなし

Terra市場

#

ソース

ペア一覧

値段

ボリューム

取引高(%)

流動性

信頼性

更新された

1

Binance

¥701.19

¥7,547,654,901

28.65%

282

High

最近

2

OKEx

¥701.19

¥3,435,938,951

13.04%

149

High

最近

3

Huobi Global

¥700.77

¥2,473,602,626

9.39%

212

High

最近

4

KuCoin

¥701.56

¥2,290,388,012

8.69%

307

High

最近

5

BKEX

¥701.49

¥2,244,710,249

8.52%

63

High

最近

6

Binance

¥700.28

¥1,947,257,479

7.39%

216

High

最近

Terraについて

Terra (LUNA)とは?

Terraはブロックチェーンプロトコルで、フィアット通貨とペッグされた ステーブルコインを使用して、グローバルな決済システムを運用します。白書によると、Terraは価格安定性及びフィアット通貨の両方を、検閲耐性のあるBitcoin (BTC)と[組み合わせて]、迅速かつ手頃な決済手段を提供しています。

Terraの開発は2018年1月より始まり、2019年4月にメインネットが正式に 開始されました。2020年9月現在、米国ドル、韓国ウォン、モンゴルのトゥグルグ、国際通貨基金の通貨特別引出権に紐付いた通貨とペッグされたステーブルコインがオファーされていて、今後は他のオプションも順次導入されていく予定です。

TerraのネイティブトークンであるLUNAは、プロトコルのステーブルコインの価格を安定させるために使用されています。LUNA保有者は、ガバナンスに関する提案を提出して投票することもできます。

Terraの創立者は?

Terraは2018年1月にDaniel Shin氏とDo Kwon氏によって創立されました。両者は価格安定性とユーザビリティに焦点を当てながら、ブロックチェーン技術と仮想通貨の迅速な採用を促進する方法としてTerraを考案しました。Kwon氏は、Terra社の後ろ盾であるTerraform Labs社のCEOに就任しています。

Terraを開発する以前、Shin氏は韓国の主要な電子取引プラットフォームとして知られるTicket Monster社(別名TMON)を共同創設しました。彼は後にスタートアップインキュベーターであるFast Track Asia社も共同創設し、スタートアップ企業の立ち上げを支援しています。

Kwon氏は、分散型ワイヤレスメッシュネットワークソリューションを提供するスタートアップであるAnyfi社の創立を行い、同社のCEOを務めました。また、Microsoft社とApple社でソフトウェアエンジニアとしても活躍しました。

Terraの特徴は?

Terraは、フィアット通貨とペッグされたステーブルコインの使用を通じて他との差別化を図っています。仮想通貨のボーダーレスな利点とフィアット通貨の価格安定性を組み合わせています。フィアット通貨との1:1のペグ割合は、需要に基づいてステーブルコインの供給量を自動的に調整するアルゴリズムを介して維持されます。これは、需要に合わせてステーブルコインの供給を増減させるために、LUNA保有者にステーブルコインを有益な為替レートで交換するインセンティブを与えることで実現されます。

Terraは、特にアジア太平洋地域において、数多くの決済プラットフォームとパートナーシップを提携しています。2019年7月、Terraは韓国に拠点を置くモバイル決済アプリケーションChaiとの提携を発表しました。このアプリでは、イーコマースプラットフォーム上でアプリを使用して行われた注文はTerraブロックチェーンネットワークを介して処理されます。各取引ごとに、(平均) 2% ~ 3% の手数料がマーチャントに請求されます。

Terraは、Terraの採用を推奨する企業およびプラットフォームグループTerra Allianceによってサポートされています。2019年2月、同社は、4500万のユーザーベースと250億ドルの総流通額を抱える10カ国の電子商取引プラットフォームが、アライアンスのメンバーであったことを[発表]しました (https://medium.com/terra-money/state-of-the-terra-alliance-d7f3ff8f6411)。

関連ページ: 時価総額で一番人気のステーブルコインである Tether

について学ぶ

決済業界に革命を起こそうとしている仮想通貨プロジェクト Zilliqa について学ぶ

ステーブルコインに興味がありますか?CoinMarketCapのオンライン教育リソースであるAlexandriaの [詳細なガイド](https://coinmarketcap.com/alexandria/article/what-is-a-stablecoin)を読みましょう

CoinMarketCap ブログにアクセスして、ステーブルコインが決済業界をどのように変えているのか学びましょう

Terra (LUNA)の供給量は?

Terraの供給量は10億トークンです。この数を超えると、LUNAは平衡供給量に戻るまで焼却されます。新しいLUNAトークンは、Terraステーブルコインの価格を維持するために、必要に応じてプロトコルのアルゴリズムを介して鋳造されます。

LUNAは、BinanceOKEXHuobi https://coinmarketcap.com/ja/exchanges/huobi-global/)などの主要な取引所を含み、当初は初期投資家のプライベートセールで購入可能でした。2018年8月に販売は終了し、その結果、Terraは3200万ドルを[調達](https://apnews.com/press-release/pr-businesswire/17b21abbc037464a94c721b9a60587f2)しました。販売用に鋳造された385,245,974LUNAのうち、10%はTerraform Labs社用、20%は従業員とプロジェクト貢献者用、20%がTerra Alliance社に、20%が価格安定準備高として、26%がプロジェクトの後援者に、4%がジェネシスリクイディティに割り当てられました

Terra Networkは安全?

Terraブロックチェーンは、Tendermintに基づくプルーフオブステーク コンセンサス アルゴリズムを使用して保護されています。このアルゴリズムでは、LUNAトークンホルダーは、トークンを[ステーク(https://coinmarketcap.com/alexandria/glossary/staking)して、取引を検証し、ステークされたLUNAの保有額に比例して報酬を受け取ります。トークン所有者は、他の人に代わって取引を検証するよう委任し、生成された収益を共有することもできます。Terraは、ネットワークのセキュリティを維持するためのベストプラクティスに関するバリデータノードへの追加ガイダンスも 提供しています。

2019年5月、Terraメインネットが配信された直後、ブロックチェーンの検証と侵入テスト会社を行う CertiK社によってネットワークのセキュリティ監査が行われました。マーケット操作、アーキテクチャとそのコーディング言語にテストを実行し経済モデルが検証されました。CertiK社は、Terraネットワークの「モデリングと数学的推論」は「健全」であるとしましたが、ブロックチェーンのパフォーマンスについてはコメントを控えました。

Terra (LUNA)の購入方法は?

TerraのネイティブトークンであるLUNAは、HuobiBitfinexUpbitなど、いくつかの仮想通貨取引所に上場しています。フィアット通貨、ステーブルコインとの交換も可能です。

LUNAやBitcoinなど他の仮想通貨を購入希望ですか?CoinMarketCapにはシンプルな ステップバイステップガイドがあり、仮想通貨についての詳細やと最適な入門コインについて詳しく知ることができます

How do you feel about Terra today?

Vote to see community results

Terraニュース

詳細表示