仮想通貨トークンInternet Computer
ICP

Internet ComputerICP

ランキング順位 36
トークン
On 378,602 watchlists

Internet Computer 価格 (ICP)

¥595.34
2.99%

0.0002571 BTC1.20%

0.003476 ETH0.01%

最低価格:¥591.07
最高価格:¥616.07
24時間
ICP  Internet Computer ICP
値段:
¥595.34
 2.99%
時価総額
¥163,368,373,844
3.08%
24h ボリューム / 時価総額
0.021
希薄後時価総額
¥290,829,595,247
3.08%
ボリューム
24時間
¥3,424,947,216
42.97%
CEX Vol
$25,110,412.1
DEX Vol
--
循環サプライ
274,411,152.50 ICP
最大供給
--
総合サプライ
488,508,776

Internet Computer対JPYチャート

読み込み中...

Please wait, we are loading chart data

ICPからJPYへのコンバーター

ICP

Internet Computer

JPY

Japanese Yen

ICP価格統計

Internet Computer 今日の価格
Internet Computer 価格¥595.34
価格推移24時間-¥18.34
2.99%
24H最低/24H最高
¥591.07 /
¥616.07
取引高24時間¥3,424,947,216.39
42.91%
取引高/時価総額残高0.02096
市場占有率0.14%
市場ランキング#36
Internet Computer時価総額
時価総額¥163,368,373,844.49
2.99%
希薄後時価総額¥290,829,595,247.18
2.99%
Internet Computer 昨日の価格
昨日の最低/最高
¥592.57 /
¥626.66
昨日の始値/終値
¥593.62 /
¥604.07
昨日の変動

1.76%

昨日のボリューム¥5,380,832,647.04
Internet Computer 価格履歴
7日間最低/7日間最高
¥540.30 /
¥626.66
30日間最低/30日間最高
¥480.39 /
¥723.42
90日間最低/90日間最高
¥480.39 /
¥1,010.89
52週最低/52週最高
¥480.39 /
¥5,146.66
過去最高値
May 10, 2021 (2 years ago)
¥102,396.26
99.42%
過去最低値
May 10, 2021 (2 years ago)
データなし
Internet Computer ROI
データなし
Internet Computer 供給
循環サプライ274,411,152 ICP
総合サプライ488,508,776 ICP
最大供給データなし

ICPからJPYへのコンバーター

ICP

Internet Computer

JPY

Japanese Yen

ICP 価格の生配信データ

Internet Computer 本日の価格 は、¥595.24 JPYです。24時間の取引ボリュームは ¥3,424,371,471 JPYです。 弊社ではICPからJPYへの価格はリアルタイムで更新されています。 Internet Computerは過去24時間で3.08%減少しています。 現在のCoinMarketCapランキングは#36位で、時価総額はです。 コインの循環供給量は274,411,152 ICPです と最大供給量は表示できません。

現在Internet Computer取引の上位取引所はBinance, BTCEX, OKX, Bitrue, 、および です。 弊社の で他の取引所を探すことも可能です。

Internet Computer (ICP)とは?

Internet Computerは、無制限の容量でウェブ速度で動作する世界初のブロックチェーンです。スマートコントラクトの計算能力とデータを拡張し、それらをウェブ速度で実行し、データを効率的に処理して保存し、開発者に強力なソフトウェアフレームワークを提供するブロックチェーンコンピュータです。BitcoinとEthereumと並んで、ブロックチェーン業界における第3の主要なイノベーションを体現しています。これを可能にすることで、Internet Computerはソフトウェアを刷新し、トークン化されたインターネットサービス、様々な分野に渡る産業プラットフォーム、分散型金融システム、さらには従来のエンタープライズシステムやウェブサイトを構築するための革新的な新しい方法を提供すると言えます。このプロジェクトは2016年10月にDominic Williams氏によって設立され、仮想通貨コミュニティから関心を集めました。DFINITYは、Andreessen Horowitz氏、Polychain Capital社、SV Angel社、Aspect Ventures社、Electric Capital社、ZeroEx社、Scalar Capital社、そしてMulticoin Capital社や、著名な初期のEthereum支持者数名から総額1億2100万米ドルを調達しました。2018年に5万人以上の登録参加者がエアドロップでICPユーティリティトークンを受け取りました。2020年12月18日、DFINITYはInternet Computerのアルファメインネットをローンチしました。2021年5月10日、地方分権化に向けた最終段階でDFINITYは、Internet Computerをパブリックドメインにローンチしました。これにより、Internet Computerのすべてのソースコードがパブリックドメインにリリースされ、数万人のコミュニティメンバーがICPユーティリティトークンを通して、Internet Computerネットワークを管理できることを意味します。この偉業は、インターネット自体が分散型のグローバルコンピュータとして機能していることを示しているのです。

Internet Computerの創設者は?

DFINITYの創設者兼チーフサイエンティストはDominic Williams氏です。彼は仮想通貨の理論家であり、閾値リレー、確率的スロットコンセンサス、その他の新しい暗号資産に関する技術に関わるシリアルアントレプレナーです。彼はまた、BitcoinとEthereumの技術コミュニティの初期メンバーを構成していました。String Labsの旧社長兼CTOであり、ベンチャーに後ろ盾された仮想通貨プロジェクトのインキュベーターでもあります。Mirror LabsでのDeFiの初期パイオニアであり、何百万人ものユーザーに広まった子供向けMMOゲーム「Fight My Monster」の創設者兼最高経営責任者(CEO)を務めました。また、System7、Airdocs、Smartdrivezなど複数のスタートアップ企業を設立した過去があります。彼は、キングス・カレッジ・ロンドンのコンピュータ科学部を首席卒業しています。

DFINITY財団とは?

Internet Computerは、スイスのチューリッヒに本拠地を置く非営利科学研究組織、DFINITY財団によって立ち上げられました。世界トップクラスの暗号資産学者および分散型システム・プログラミング言語の専門家で構成され、合わせて10万近くの学術引用と200の特許を保有しています。DFINITYの注目すべき技術者は次の通りです。 Jan Camenisch博士(研究担当副社長)ー世界的に有名な仮想通貨兼プライバシー研究者、IBMの仮想通貨/研究部門を19年間導く Andreas Rossberg博士(主任エンジニアおよび研究者)ーWebAssemblyの共同作成者、Google Chrome V8 エンジンの元チームリーダー Ben Lynn博士(シニアスタッフエンジニアおよび研究者)ー世界的に有名な仮想通貨学者兼Googleエンジニア、Ethereum2.0で使用されているボネ・リン・シャチャム署名の名前にもなっている Jens Groth博士(主任研究員)-非インタラクティブなゼロ知識証明の先駆者として知られる世界的に有名な仮想通貨学者。Timo Hanke博士(主任研究員)-数少ないBitcoinマイニングのための実績ある最適化アルゴリズムの1つであるAsicBoostの生みの親 Paul Liu博士(スタッフエンジニア)ーIntel社のHaskellコンパイラを設計し、HaskellキーデザイナーであるPaul Hudak氏の下で博士号を取得*Johan Georg Granström博士(エンジニアリングディレクター)元Googleのシニアスタッフソフトウェアエンジニアで、YouTubeのシステムインフラストラクチャのスケーリングを担当。2021年5月10日にオープンした後、DFINITY財団は現在、Internet Computerネットワークの改善と維持に取り組んでいる多くの組織の1つとして活動を開始しました。

Internet Computerの特徴は?

Internet Computerのゴールは、世界のコンピューティングプラットフォームとなれるよう、パブリックインターネットを拡張することです。今やインターネットは誰でも接続できるネットワークですが、システムやサービス自体は民間のインフラストラクチャから提供されています。Internet Computerの後ろ盾となっている科学的なブレークスルーは、新しいコンセンサス、非対話型分散キー生成(NI-DKG)、ネットワーク神経系(NNS)、インターネットアイデンティティなどの数十の高度な技術を網羅するチェーンキーテクノロジーです。チェーンキーテクノロジーは、Internet Computerを構成するノードを統合させる暗号化プロトコルのセットからできています。これは、Internet Computerの基本的なブレークスルーの1つであり、単一の公開鍵を持つことを可能にします。これは、スマートウォッチや携帯電話を含むあらゆるデバイスがInternet Computerからのアーティファクトの信頼性を検証できるため、大きな利点です。対照的に、従来のブロックチェーンではこれは不可能です。単一の公開鍵だけではありません。チェーンキー技術は、Internet Computerを駆動し、その操作を可能にするエンジンでもあります。これにより、ネットワークを拡張するために、新しいノードを追加してサブネットを形成することができます。また、障害のあるノードやクラッシュしたノードを停止することなく新しいノードに置き換えること、内部のノードが停止してもサブネットを復活させること、そしてネットワークがバグを修正して新機能を追加できるようInternet Computerプロトコルをシームレスにアップグレードすることもできます。DFINITYのR&Dチームは、新しい非対話型キー再共有プロトコルを考案しました。古い署名者はそれぞれ、新しい署名者に単一のメッセージを配信するだけで済みます。これを安全に実行するためには、前方秘匿性を備えた暗号化や非対話型ゼロ知識証明など、多くの高度な暗号化概念が活用されています。非対話型であるため、キー再共有プロトコルの動作方法は非同期環境に最適であり、その利点にはキーの保存も含まれます。サブネットの存続期間中、サブネットは単一の公開鍵によって認識され、Internet Computer上の他の当事者は公開鍵の変更を追跡する必要に迫られません。

Internet Computerネットワークでノードを動かすのは誰?

2021年5月10日のジェネシスでは、北米、ヨーロッパ、アジアにまたがる48の独立したデータセンターによってInternet Computerが1300のノードを動かしています。ネットワークは、次世代のメガDAppsをサポートするためにこれからも指数関数的に成長し続けます。123箇所のデータセンターが年末までに予定されている4,300ノードを実行し、最終的には数千ものデータセンターが数百万ノードを稼働させ、数十年規模でオープンインターネットからの逸脱を行います。重要なのは、誰でもノードプロバイダになることができる点です。興味のある参加者は、ネットワーク神経系(NNS)にデータセンターID(DCID)を申請し、特殊なマシンノードを調達した後、ICPプロトコルをインストールし、Internet Computerネットワークに接続することができるようになります。

Internet Computerネットワークの速度は?

チェーンキー技術と呼ばれる科学的なブレークスルーにより、Internet Computerはウェブ速度で実行できます。クエリ呼び出しはミリ秒単位で実行され、アップデート呼び出しの完了には1〜2秒かかります。さらにGenesisでは、Internet Computerのブロックレートが2.5ブロック/秒(bps)になり、いずれは業界をリードする10.3bps、年末までに約1,000bpsになるということです。Internet Computer上で実行されているオープンバージョンRedditの場合、ユーザーがフォーラムを閲覧すると、ミリ秒単位で実行される近くのノードからのクエリ呼び出しによってホストされたコンテンツが、カスタマイズされたビューでユーザーのWebブラウザに表示されます。これは素晴らしいユーザーエクスペリエンスです。しかし、ユーザーが投稿を作成したり、投稿の作成者にトークンのチップを提供する場合、これにはアップデート呼び出しが含まれ、1~2秒かかります。

ICPトークンの役割は?

ICPは、ネットワークで次の3つの主要な役割を果たすネイティブユーティリティトークンです。

  • ネットワークガバナンスの促進:ICPトークンは、ネットワークガバナンスに参加するのに必要なニューロンを作成するため、ロックが可能です。これを通して経済的報酬を得ることができます。
  • 計算用のCycle(「サイクル」)の生産:ICPは、Cycleに変換できる価値の貯蓄を可能にします。使用時に燃料のように消費され、計算を可能とします。NNSは、ICPを可変レートでCycleに変換するため、ほぼ一定のコストで新しいCycleを作成できるよう選択されています。これでネットワークユーザーは常に燃料の取得コストを予測できます。
  • 参加者へのインセンティブ:ネットワークが問題なく機能するよう、背後にいる重要な役割を担っている人々に、新しいICPを鋳造し報酬を与えます。報酬は次の通りです:a)ガバナンスに参加している人々への投票権の提供、b)ネットワークをホストしているノードマシンの操作者にネットワーへの投票権の提供、c)その他の活動に従事する人々

    Cycleの役割は?

    Cycleは燃料のように、計算をする際に消費されます。時間の経過とともに自然に値が変化するICPとは異なり、その値は、長期に渡り一定です。さらにCycleは、国際通貨基金によって定義された論理通貨単位であるSDRに紐付けされ、ICPの1SDR相当をちょうど1兆Cycleに変換して計算を行うことができます。

    ニューロンの役割は?

    ネットワークガバナンスの促進:ニューロンは、ネットワークガバナンスに参加するのに必要なICPユーティリティトークンの残高の一部をロックします。これを通して保有者は投票権を得ることができます。

    ICPトークンの購入者層は?

  • ネットワークガバナンスに参加し、投票報酬を獲得したいトークン保有者。
  • 計算料金を支払うためにICPトークンをCycleに変換する必要がある開発者。

    ICPトークンの供給量とトークノミクスは?

    ジェネシスでは469,213,710のICPトークンが存在します。循環供給量は市場のダイナミクスに依存します。ただし、ジェネシスでは26%と概算されています。ジェネシス初期状態トークンの割り当ては次の通りです:

  • 初期貢献者:9.50%
  • シードドネーション:24.72%
  • 戦略:7.00%
  • プレセール:4.96%
  • 戦略的パートナーシップ:3.79%
  • コミュニティエアドロップ:0.80%
  • 初期コミュニティ・開発者助成金:0.48%
  • ノードオペレータ:0.22%
  • Internet Computer協会:4.26%
  • チームメンバー:18.00%
  • アドバイザー及びその他のサードパーティトークン保有者:2.40%
  • DFINITY財団:23.86%

    Internet Computerネットワークの神経系は投票時どのように機能する?

    NNSは、提案を受け取ってからネットワーク参加者が作成したニューロンによる投票活動に基づいて、提案を採用または拒否することを決定します。ニューロンは、参加者が新しい提案を提出する際にも使用されます。提出後、提案は採択されるか拒否されます。ニューロンの総投票方法に応じて、ほぼ直ちにもしくは少し経ってから決まります。

    Internet Computerはどこに上場される?

    Coinbase、Huobi、OKexは、5月10日の午前9時(太平洋時間)/5月11日午前12時(中国時間)のローンチ時に、Internet Computerユーティリティトークン(ICP)を上場すると発表しました。

    Internetエコシステムにおいて、著名なプロジェクトは?

    Internet Computerでは、いくつかの知名度の高いアプリケーションがその上に構築され、立ち上げられました。例えば…

    DeFi

  • Enso Finance – 500万米ドルを調達した分散型取引所
  • Tacen —250万米ドルを調達した分散型取引所
  • SailFish — 金融サービスオープン化へのゲートウェー

    ソーシャル

  • Distrikt —分散型のプロフェッショナルなソーシャルメディアネットワーク先のオープンなLinkedInアプリは、ダボスのWEF2020でDFINITYによって公開されました。
  • OpenChat — 民間の大手テック企業によって所有されていないオープン版の標準チャットアプリ
  • CanCan — Internet Computerの拡張性とパワーを示すオープン版TikTok
  • Capsule —150万米ドルを調達した検閲に晒されない安全な分散型ソーシャルメディアプラットフォーム

    インフラ

  • Fleek — オープンなWebサイトやアプリケーションを簡単に構築14000のウェブサイトが既に汎産業プラットフォームを抱えています
  • Origyn —高級時計をはじめ、高級品の出所を追跡するための汎産業プラットフォーム

    ユーザーの関心が高い他の関連記事:

  • 仮想通貨フォセットとは?
  • 仮想通貨デビットカードとは?
  • Web 3.0とは?
  • イールドファーミングとは?
  • 仮想通貨貸付とは?
ICPからJPYへのコンバーター

ICP

Internet Computer

JPY

Japanese Yen

ICP価格統計

Internet Computer 今日の価格
Internet Computer 価格¥595.34
価格推移24時間-¥18.34
2.99%
24H最低/24H最高
¥591.07 /
¥616.07
取引高24時間¥3,424,947,216.39
42.91%
取引高/時価総額残高0.02096
市場占有率0.14%
市場ランキング#36
Internet Computer時価総額
時価総額¥163,368,373,844.49
2.99%
希薄後時価総額¥290,829,595,247.18
2.99%
Internet Computer 昨日の価格
昨日の最低/最高
¥592.57 /
¥626.66
昨日の始値/終値
¥593.62 /
¥604.07
昨日の変動

1.76%

昨日のボリューム¥5,380,832,647.04
Internet Computer 価格履歴
7日間最低/7日間最高
¥540.30 /
¥626.66
30日間最低/30日間最高
¥480.39 /
¥723.42
90日間最低/90日間最高
¥480.39 /
¥1,010.89
52週最低/52週最高
¥480.39 /
¥5,146.66
過去最高値
May 10, 2021 (2 years ago)
¥102,396.26
99.42%
過去最低値
May 10, 2021 (2 years ago)
データなし
Internet Computer ROI
データなし
Internet Computer 供給
循環サプライ274,411,152 ICP
総合サプライ488,508,776 ICP
最大供給データなし