FX

Function X価格 
FX

¥18.38  

0.60% (1日)

Function X対JPYチャート

読み込み中...

チャートデータ読み込み中

ウォッチリストに追加
Function X統計
時価総額
 

0.60%

¥7,510,467,836
#553
ボリューム(24時間)
 

4.57%

¥19,554,139
#2384
取引高/時価総額残高(24時間)
 
0.26%
循環供給量
 
408,520,357 FX
21.58%
総供給量
 
408,520,357 FX
最大供給量
 
1,893,022,625 FX
希薄後時価総額(FDMC)
 
¥34,802,391,836
FXからJPYへのコンバーター
FX
JPY
価格パフォーマンス
24時間 
最低価格
¥18.26
最高価格
¥18.64
過去最高値
Aug 30, 2021 (3 years ago)
¥366.10
-94.98%
過去最低値
Mar 13, 2020 (4 years ago)
¥5.22
+252.02%
ヒストリカルデータを見る
人気度
ウォッチリスト追加数14,227x
1778th / 10.1K
このプロジェクトのオーナーの方へ トークンの情報を更新


読み込み中...

チャートデータ読み込み中

Function X community

skeleton-white
 
 
 
 
 
 

Function X市場

ペア一覧

読み込み中...

免責事項:このページには、アフィリエイトリンクが含まれている場合がります。ユーザーがアフィリエイトリンクよりアフィリエイトプラットフォームで登録や取引など特定の操作を行うことにより、CoinMarketCapは収益を得る場合があります。詳細は、アフィリエイトに関する情報開示をご参照ください。

Function Xニュース

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Function Xについて

Function Xとは何ですか?

Function Xは、ブロックチェーン空間内でのイノベーションを促進するために設計された分散型エコシステムを表しています。これは、そのブロックチェーン上で分散型アプリケーション(dApps)および様々な金融製品の作成と展開をサポートするプラットフォームとして立っています。このエコシステムは、ネットワーク内のガバナンスとトランザクション操作において重要な役割を果たすネイティブトークン、FXによって動力を供給されています。

Function Xのアーキテクチャの核心は、非常にカスタマイズ可能で拡張可能なマルチチェーンシステムであり、これにはサブネットが含まれます。これらのサブネットは、多様なビジネス要件に対応するように調整されており、開発者や企業が構築するための多用途の基盤を提供します。エコシステムの設計は、相互運用性とスケーラビリティを強調し、従来のブロックチェーンネットワークが直面している一般的な課題に対処することを目指しています。

Function Xの特徴の一つは、そのネットワークに分散型金融製品と取引システムを統合することに焦点を当てていることです。これには、オンチェーンでの取引を実行することによって世界中での小売支払いを容易にし、ブロックチェーン上で直接、暗号資産の永久契約の取引や株式ベースの永久デリバティブの取引を可能にすることが含まれます。このような取り組みは、分散型金融(DeFi)の使用例とアクセシビリティを広げることへのプラットフォームのコミットメントを示しています。

Function Xのもう一つの注目すべき側面は、Ethereum Virtual Machine(EVM)との互換性であり、Cosmosベースのチェーン内にEVM互換チェーンを組み込む先駆的なプロジェクトの一つであることです。この互換性により、dAppsのFunction Xへのシームレスな移行が可能となり、分散型ネットワーク上での低い手数料、強化されたセキュリティ、効率的なパフォーマンスの恩恵を受けることができます。

Function Xはどのようにして保護されていますか?

Function Xはどのように使用されますか?

Function Xにとっての主要なイベントは何ですか?

Function Xの創設者は誰ですか?

 
 
 
 
 
 

Function X分析

読み込んでいます...