XVS

VenusXVS

ランキング順位 98
トークン
17,142ウォッチリストに表示

Venus 価格 (XVS)

¥5,625.85
6.61%

0.001106 BTC7.79%

0.03513 ETH8.08%

最低価格:¥5,093.53
最高価格:¥6,377.95
24時間
XVS  Venus XVSPrice: ¥5,625.85 6.61%
時価総額
¥48,701,519,232
6.44%
希薄後時価総額
¥168,775,592,296
6.61%
ボリューム
24時間
¥12,403,826,811
53.06%
循環サプライ
8,656,735 XVS
29%
最大供給
30,000,000
総合サプライ
30,000,000
 

How do you feel about Venus today?

Vote to see community results

Venusについて

Venus (XVS)とは?

Venusは、アルゴリズムマネーマーケットと合成ステーブルコインプロトコルであり、Binance Smart Chain (BSC)で独占的にローンチされています。

このプロトコルは、分散型金融(DeFi)エコシステムに使いやすい仮想通貨貸付・借り入れソリューションを導入し、ユーザーは担保さえあれば取引手数料を抑えて、すぐに資産を借り入れることができます。さらに、Venusでは、ユーザーはVenusスマートコントラクトに少なくとも200%の担保を送金すると、VAIステーブルコインを数秒以内にオンデマンドで鋳造することができます。

VAIトークンは、1米ドル(USD)の価値にペッグされた合成BEP-20トークン資産です。XVSトークンもBEP-20ベースですが、代わりにVenusプロトコルのガバナンスに使用され、新しい担保タイプの追加、パラメータの変更・整理、製品の改良など、プロトコルの変更点に関する事項への投票のために使用できます。

Venusの創設者、チームメンバー、その他のアドバイザーにはXVSトークン割り当てがないため、プロトコルのガバナンスはXVSコミュニティメンバーによって完全に管理されています。

Venus (XVS)の創設者は?

Venusに携わるチームの構成は2020年11月現在公開されていません。従って、創設者や幹部スタッフも不明です。

ですが、Venusプロジェクト開発は、Swipeプロジェクトチームによって行われています。Swipeは、経験豊かなデザイナー兼ライターであるHoria Cernusca氏がユーザーインターフェイスデザインに詳しいHåkon Eide氏と共同設立しました。Eide氏は、コンピュータ科学のバックグラウンドを持つ経験豊富な開発者兼ソフトウェアエンジニアです。

Venusの主な目標は、コミュニティガバナンスによる分散化を達成することです。チーム、開発者、創設者のためのプレマインはありません。Venus Protocolの未来は、完全にXVS保有者に任されています。

Venus (XVS)の特徴は?

Venusの主な強みは、Binanceスマートチェーンの上に構築された結果、高速かつ非常に低い取引コストを実現していることです。このプロトコルは、ほぼ瞬間的な取引のおかげで、ユーザーがBitcoin(BTC)XRPLitecoin(LTC)およびその他の仮想通貨の貸付市場にアクセスし、リアルタイムで流動性を調達できる最初のプロトコルです。

Venusプロトコルを使用して流動性を調達するユーザーは、信用度審査を通る必要がなく、Venus分散型アプリケーション(DApp)と連携することによって迅速にローンを組むことができます。中央集権機関がないため、ユーザーは地理的地域、クレジットスコアなどによって制限されず、常に十分な担保を掲示することによって流動性を調達することができます。

これらのローンは、Venusユーザーが貢献したプールから提供されます。Venusユーザーは、その貢献に対して変動年利を受け取ります。これらのローンは、プラットフォーム上の借り手によって作られた過担保預金によって確保されます。

市場操作攻撃を避けるために、Venusプロトコルは、Chainlinkからのものを含む価格フィードオラクルを利用して、改ざん不可能な正確な価格データを提供します。Binance Smart Chainのおかげで、プロトコルは低コストで価格フィードにアクセスでき、効率が向上し、システムの全体的なコストフットプリントを削減できます。

関連ページ :

Binance Launchpadを通じてローンチされたプロジェクトInjective Protocol(INJ)について読む

Binance Smart Chainに電力を供給するトークンBinance Coin (BNB)について読む

CoinMarketCap Alexandriaで分散型金融(DeFi)を掘り下げましょう

CoinMarketCapブログを参照して、最新の洞察と市場動向をご覧ください

Venus (XVS) Coinの供給量は?

Venusは最大3000万XVSトークンの総供給量を持ち、2020年11月時点でわずか420万XVSトークンが流通していました。

VenusはBinanceでLaunchpoolを実行する最初のプラットフォームの1つでした。これにより、ユーザーはBinanceコイン(BNB)、Binance USD(BUSD)、Swipe(SXP)トークンを含むさまざまな資産をステークしてXVSをファームすることができました。総供給量の20%(600万XVS)がBinance Launchpoolに割り当てられ、トークンはBinanceスポット取引プラットフォームですぐに上場されました。

このプロジェクトにはプレセールやプライベートセールがなく、チームにはトークン割り当てはありませんが、総供給(30万XVS)の1%がBinance Smart Chainエコシステム助成金用に留保されています。残りの23.7万XVSトークンは、Venusプロトコル使用者によってマイニングされるため、4年間で徐々にロック解除されます。

プロジェクトのホワイトペーパーによると、毎日のXVS報酬の35%は借り手、35%はサプライヤーに、残りの30%はVAIステーブルコインマイナーに配布されています。

Venus (XVS) Networkネットワークは安全?

Venusネットワークは、Binance Chainと並行して動作するブロックチェーンであるBinance Smart Chainによって保護されています。BSCは、Ethereum仮想マシン(EVM)と互換性があり、Binance Chainがオフラインになったり、問題が発生した場合でも実行できます。

Binance Smart Chainは、)ブロックチェーンを保護するために、プルーフオブステークオーソリティ(POSA)として知られているユニークなコンセンサスアルゴリズムを使用しています。これは基本的に、プルーフオブステーク(POS)とプルーフオブオーソリティ(POA)の両方の側面を組み合わせたハイブリッドコンセンサスメカニズムです。Binance Smart Chainでタスクを実行し、最近処理された取引について、コンセンサスに達する責任を持つ21のバリデータネットワークを中心に構築されています。

また、Venusサプライヤーは自動清算措置によって保護されています。借り手の担保が借入金額の75%を下回ると自動的に清算される仕組みです。これにより、最低担保比率を維持するためサプライヤーは早期に補填されます。

Venus (XVS)の購入方法は?

2020年11月現在、VenusはBinanceでのみ取引可能です。Tether(USDT)、Bitcoin(BTC)、Binanceコイン(BNB)、Binance米ドル(BUSD)に対して上場されています。現在、Venusを購入するためのフィアットオンランプはありません。

デビットカードまたはクレジットカードでBitcoinや他の仮想通貨を購入するには、こちらの簡単なガイドをご覧ください

converter-coin-logo

XVS

Venus

converter-coin-logo

JPY

Japanese Yen

converter-coin-logo

XVS

Venus

converter-coin-logo

JPY

Japanese Yen

XVS価格統計

Venus 今日の価格
Venus 価格¥5,625.85
価格推移24h¥-398.42
6.61%
24H最低/24H最高
¥5,093.53 /
¥6,377.95
取引高24h¥12,403,826,811.46
53.06%
市場占有率データなし
市場ランキング#98
Venus時価総額
時価総額¥48,701,519,231.85
6.44%
希薄後時価総額¥168,775,592,295.60
6.61%
Venus 昨日の価格
昨日の最低/最高
¥5,093.53 /
¥6,377.95
昨日の始値/終値
¥6,003.02 /
¥5,663.30
昨日の変動

5.66%

昨日のボリューム¥17,578,521,732.51
Venus 価格履歴
7日間最低/7日間最高
¥4,831.76 /
¥10,056.86
30日間最低/30日間最高
¥733.07 /
¥10,819.96
90日間最低/90日間最高
¥309.65 /
¥10,819.96
52週最低/52週最高
¥220.67 /
¥10,819.96
過去最高値
Feb 19, 2021 (8 days ago)
¥10,819.96
48.00%
過去最低値
Nov 04, 2020 (4 months ago)
¥220.67
2449.50%
Venus ROI

2087.97%

Venus 供給
循環サプライ8,656,735 XVS
総合サプライ30,000,000 XVS
最大供給30,000,000 XVS

Venus市場

#

ソース

ペア一覧

値段

ボリューム

取引高(%)

流動性

信頼性

更新された

1

Binance

¥5,613.95

¥5,597,704,550

45.13%

173

High

最近

2

Binance

¥5,615.27

¥1,229,572,437

9.91%

117

High

最近

3

Binance

¥5,613.92

¥691,337,636

5.57%

109

High

最近

4

Binance

¥5,615.10

¥596,700,119

4.81%

111

High

最近

5

Bithumb Global

¥5,606.81

¥183,810,048

1.48%

43

High

最近

6

MXC.COM

¥5,635.91

¥173,259,996

1.40%

136

High

最近

Venusについて

Venus (XVS)とは?

Venusは、アルゴリズムマネーマーケットと合成ステーブルコインプロトコルであり、Binance Smart Chain (BSC)で独占的にローンチされています。

このプロトコルは、分散型金融(DeFi)エコシステムに使いやすい仮想通貨貸付・借り入れソリューションを導入し、ユーザーは担保さえあれば取引手数料を抑えて、すぐに資産を借り入れることができます。さらに、Venusでは、ユーザーはVenusスマートコントラクトに少なくとも200%の担保を送金すると、VAIステーブルコインを数秒以内にオンデマンドで鋳造することができます。

VAIトークンは、1米ドル(USD)の価値にペッグされた合成BEP-20トークン資産です。XVSトークンもBEP-20ベースですが、代わりにVenusプロトコルのガバナンスに使用され、新しい担保タイプの追加、パラメータの変更・整理、製品の改良など、プロトコルの変更点に関する事項への投票のために使用できます。

Venusの創設者、チームメンバー、その他のアドバイザーにはXVSトークン割り当てがないため、プロトコルのガバナンスはXVSコミュニティメンバーによって完全に管理されています。

Venus (XVS)の創設者は?

Venusに携わるチームの構成は2020年11月現在公開されていません。従って、創設者や幹部スタッフも不明です。

ですが、Venusプロジェクト開発は、Swipeプロジェクトチームによって行われています。Swipeは、経験豊かなデザイナー兼ライターであるHoria Cernusca氏がユーザーインターフェイスデザインに詳しいHåkon Eide氏と共同設立しました。Eide氏は、コンピュータ科学のバックグラウンドを持つ経験豊富な開発者兼ソフトウェアエンジニアです。

Venusの主な目標は、コミュニティガバナンスによる分散化を達成することです。チーム、開発者、創設者のためのプレマインはありません。Venus Protocolの未来は、完全にXVS保有者に任されています。

Venus (XVS)の特徴は?

Venusの主な強みは、Binanceスマートチェーンの上に構築された結果、高速かつ非常に低い取引コストを実現していることです。このプロトコルは、ほぼ瞬間的な取引のおかげで、ユーザーがBitcoin(BTC)XRPLitecoin(LTC)およびその他の仮想通貨の貸付市場にアクセスし、リアルタイムで流動性を調達できる最初のプロトコルです。

Venusプロトコルを使用して流動性を調達するユーザーは、信用度審査を通る必要がなく、Venus分散型アプリケーション(DApp)と連携することによって迅速にローンを組むことができます。中央集権機関がないため、ユーザーは地理的地域、クレジットスコアなどによって制限されず、常に十分な担保を掲示することによって流動性を調達することができます。

これらのローンは、Venusユーザーが貢献したプールから提供されます。Venusユーザーは、その貢献に対して変動年利を受け取ります。これらのローンは、プラットフォーム上の借り手によって作られた過担保預金によって確保されます。

市場操作攻撃を避けるために、Venusプロトコルは、Chainlinkからのものを含む価格フィードオラクルを利用して、改ざん不可能な正確な価格データを提供します。Binance Smart Chainのおかげで、プロトコルは低コストで価格フィードにアクセスでき、効率が向上し、システムの全体的なコストフットプリントを削減できます。

関連ページ :

Binance Launchpadを通じてローンチされたプロジェクトInjective Protocol(INJ)について読む

Binance Smart Chainに電力を供給するトークンBinance Coin (BNB)について読む

CoinMarketCap Alexandriaで分散型金融(DeFi)を掘り下げましょう

CoinMarketCapブログを参照して、最新の洞察と市場動向をご覧ください

Venus (XVS) Coinの供給量は?

Venusは最大3000万XVSトークンの総供給量を持ち、2020年11月時点でわずか420万XVSトークンが流通していました。

VenusはBinanceでLaunchpoolを実行する最初のプラットフォームの1つでした。これにより、ユーザーはBinanceコイン(BNB)、Binance USD(BUSD)、Swipe(SXP)トークンを含むさまざまな資産をステークしてXVSをファームすることができました。総供給量の20%(600万XVS)がBinance Launchpoolに割り当てられ、トークンはBinanceスポット取引プラットフォームですぐに上場されました。

このプロジェクトにはプレセールやプライベートセールがなく、チームにはトークン割り当てはありませんが、総供給(30万XVS)の1%がBinance Smart Chainエコシステム助成金用に留保されています。残りの23.7万XVSトークンは、Venusプロトコル使用者によってマイニングされるため、4年間で徐々にロック解除されます。

プロジェクトのホワイトペーパーによると、毎日のXVS報酬の35%は借り手、35%はサプライヤーに、残りの30%はVAIステーブルコインマイナーに配布されています。

Venus (XVS) Networkネットワークは安全?

Venusネットワークは、Binance Chainと並行して動作するブロックチェーンであるBinance Smart Chainによって保護されています。BSCは、Ethereum仮想マシン(EVM)と互換性があり、Binance Chainがオフラインになったり、問題が発生した場合でも実行できます。

Binance Smart Chainは、)ブロックチェーンを保護するために、プルーフオブステークオーソリティ(POSA)として知られているユニークなコンセンサスアルゴリズムを使用しています。これは基本的に、プルーフオブステーク(POS)とプルーフオブオーソリティ(POA)の両方の側面を組み合わせたハイブリッドコンセンサスメカニズムです。Binance Smart Chainでタスクを実行し、最近処理された取引について、コンセンサスに達する責任を持つ21のバリデータネットワークを中心に構築されています。

また、Venusサプライヤーは自動清算措置によって保護されています。借り手の担保が借入金額の75%を下回ると自動的に清算される仕組みです。これにより、最低担保比率を維持するためサプライヤーは早期に補填されます。

Venus (XVS)の購入方法は?

2020年11月現在、VenusはBinanceでのみ取引可能です。Tether(USDT)、Bitcoin(BTC)、Binanceコイン(BNB)、Binance米ドル(BUSD)に対して上場されています。現在、Venusを購入するためのフィアットオンランプはありません。

デビットカードまたはクレジットカードでBitcoinや他の仮想通貨を購入するには、こちらの簡単なガイドをご覧ください

How do you feel about Venus today?

Vote to see community results

Venusニュース

詳細表示