Uniswap v2

Uniswap v2

Dex取引高(24h)

¥30,117,839,926.08

4,694 BTC

Uniswap v2について

Uniswap (V2)とは?

Uniswapは、自動化マーケットメーカー(AMM)モデルを最初に導入した分散型取引所(DEX)です。注文台帳とは異なり、トレーダーは「一定の製品」(constant product)と呼ばれる製品式のおかげで一定の流動性を提供されます。V2バージョンは、ERC-20トークンに対応する他のブロックチェーンに分岐する前、Ethereumに基づいて行われました。

UniswapのV1 バージョンはETH-ERC-20トークンペアのスワップのみに対応していましたが、V2バージョンではこのブリッジングの問題が解消され、フラッシュスワップが導入されました。これにより、ユーザーは多額のスリッページ無しに、異なるERC-20トークン間で取引を行うことができました。また、プロトコル手数料を導入し、プラットフォームの継続的な開発に貢献しました。さらにV2バージョンは、コアのコントラクト用にネイティブのイーサでなくラップド・イーサを使用し始めました。

取引所の人気は、集中的な流動性とより柔軟な手数料を備えたV3バージョンを生み出し、トレーダーと流動性プロバイダーのユーザーエクスペリエンスを向上させました。

Uniswap (V2)の創設者は?

シーメンス社及びストーニーブルック大学の元機械エンジニアであるHayden Adams氏が、2018年11月にプラットフォームを設立しました。DEXの背後にいる会社は、パラダイムからシードラウンドを調達し、アンデルセン・ホロウィッツが率いるシリーズAラウンドで1100万ドルを調達しました。

Uniswap (V2)のローンチ日は?

UniswapのV1バージョンは、2018年11月に最初にローンチされた概念実証であり、その後2020年8月のV2バージョンの導入で改善されました。2021年5月のV3バージョンは、現在の取引所の最終改善版です。

Uniswap (V2)の本拠地は?

分散型取引所の背後にある会社であるUniswap Labsは、ニューヨーク市に本社を置いています。

Uniswap (V2)制限対象国

2022年7月現在、Uniswapはベラルーシ、キューバ、イラン、北朝鮮、シリア、コートジボワール、リベリア、スーダン、ジンバブエ、イラクなど、米国政府の制裁を受けた10カ国からのユーザーを利用禁止しています。

Uniswap (V2)対応コイン一覧

パーミッションレスな分散型取引所として、トークンは流動性を提供する人なら誰でも自由に上場することができます。執筆時点で最も流動性の高いトークンには、ステーブルコインと、USDC、ラップドBTCwETHおよびDAIのようなラップドトークンが含まれます。

Uniswap V3の手数料は?

取引所のV2バージョンは、トークンスワップごとに0.3%を請求します。0.05%がプロトコルに、0.25%が流動性プロバイダーに割り当てられます。

Uniswap (V2)でレバレッジ使用や証拠金取引はできる?

Uniswap V2はレバレッジや証拠金取引を提供していません。

もっと読む

市場

#通貨ペアPrice USD1h 変化24h 変化

24h Txns

24h ボリューム

流動性希薄後時価総額

読み込み中...

Disclaimer: This page may contain affiliate links. CoinMarketCap may be compensated if you visit any affiliate links and you take certain actions such as signing up and transacting with these affiliate platforms. Please refer to Affiliate Disclosure.