Coincheck

Coincheck

Trading volume(24h)

¥2,340,059,590.79

1,000 BTC

Coincheckについて

Coincheckとは?

Coincheckは、グローバルコミュニティ、そして日本の主要ユーザーベースを持つ中央集権型取引所 (CEX)です。流動性取引量、トラフィックの点で、アジア有数の仮想通貨プラットフォームの1つである本取引所は、日本の当局に登録されており、日本の金融庁(FSA)によって規制され、日本ブロックチェーン協会によって監査されています。

本取引所は、人気のある大型の仮想通貨17種類に対応しています。日本円が主通貨ですが、米ドルも利用可能です。ユーザーは銀行振込またはキャッシュカードを通じて法定通貨で預入を行うことができ、顧客のデジタル資産はコールドウォレットに保存されます。

Coincheckの他の製品とサービスには、OTC(店頭)取引、新規取引所公開(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング、IEO)、Coincheckでんき(Bitcoinで電気代を決済)、Coincheckガス(Bitcoinでガス代を決済)、Coincheckアンケート(アンケートに回答して仮想通貨を獲得)、および貸付機能が含まれます。さらに、プラットフォームには、非代替性トークン(NFT)マーケットプレイスとベータ版のステーキングサービスも含まれます。

このプラットフォームは、150万人以上のクライアントにサービスを提供し、取引端末(Web版とモバイルアプリの両方)と、世界市場で資産を取引するための主要なツールを備えています。

Coincheckの創設者は?

2012年4月、仮想通貨愛好家の大塚雄介(COO)氏と和田晃一良(CEO/CTO)氏によって立ち上げられました。

大塚氏は早稲田大学で量子力学の修士号を取得。Coincheck入社前は、NexwayでUXデザイナーを務めていました。

和田氏は8歳からプログラミングをしており、様々なハッカソンにも出場経歴があります。東京工業大学卒業後、ResuPressを設立し、STORES.jp を開発しました。

2018年、本プロジェクトは影響力のあるオンライン証券会社であるMonex Group, Inc.に買収されました。その結果、勝屋敏彦氏が代表取締役に就任し、松本大氏が執行役員に就任しました。

Coincheckの本拠地は?

東京に本社を置いています。

Coincheck制限対象国

米国の投資家は取引所の使用が制限されています。

Coincheckで取引可能なコインは?

Bitcoin(BTC)取引に加えて、コインチェックは、ETHETCXRPLTCXLMENJSANDDOTなど、注目すべきアルトコインも上場しています。

Coincheckの手数料は?

当該取引所は、メイカーテイカー手数料がかかりますが、取引を行う仮想通貨によって変わります。BTCメイカーテイカーは0%、ETCは0.05%(メイカー)、0.10%(テイカー)です。

Coincheckのマーケットプレイスは0.1%から5%の手数料を請求します。入出金の場合、各コインには独自の出金手数料がかかります(例えば、BTCの引き出し手数料は0.0005 BTC)。入金手数料は、入金方法と資金の金額によって異なります。

Coincheckでレバレッジ使用や証拠金取引はできる?

本取引所は証拠金取引レバレッジ取引を提供していません。

もっと読む

市場

ペア

全部

#

通貨

ペア

値段

深さ2%

深さ-2%

ボリューム

取引高(%)

流動性

更新された

1

Bitcoin

¥2,340,214.82

¥140,042,246.22¥126,779,776.76

¥2,327,266,776

99.45%

565

最近

Disclaimer: This page may contain affiliate links. CoinMarketCap may be compensated if you visit any affiliate links and you take certain actions such as signing up and transacting with these affiliate platforms. Please refer to Affiliate Disclosure.