Uniswap v3 (Polygon)

Uniswap v3 (Polygon)

Dex取引高(24h)

¥17,961,627,883.83

2,281 BTC

Uniswap v3 (Polygon)について

Uniswap (V3) Polygonとは?

Uniswapは、自動化マーケットメーカー(AMM)モデルを市場に初めて導入した分散型取引所(DEX)です。この革新により、トレーダーは一定の流動性プールを活用して、一定の製品式を使用しながらアルゴリズムと取引します。V3バージョンでは、取引所は初めてEthereum以外のブロックチェーンに分岐しました。

V1でAMMモデルが導入された後、V2バージョンでは、ETHトークンとERC-20トークン間のスワップではなく、異なるERC-20トークンペア間の取引が可能になりました。これにより、スリッページが減少し、取引所の発展を継続させるためのプロトコル料金が導入されました。V2バージョンでは、トークンペアの流動性として、ネイティブEtherの代わりにラップドEtherも導入されました。

V3バージョンでは、流動性プロバイダーは独自の価格曲線を構築し、資本を希望の価格で集め、資本効率を向上させることができます。また、価格が大幅に変化しLPの価格帯を超えた場合には資本の自動削除が有効化されます。V3の導入により、Uniswapも初めてPolygonでローンチしました。ガス代が低いため、ユーザーははるかに手頃な取引体験にアクセスできるようになりました。

Uniswap (V3) Polygonの創設者は?

シーメンス社の元機械エンジニアで、ストーニーブルック大学の卒業生であるHayden Adams氏が、2018年11月にプラットフォームを設立しました。取引所を支えるUniswap Labsは、Paradigmからシードラウンドを調達し、アンデルセン・ホロウィッツ​​​が率いるシリーズAラウンドで1100万ドルを調達しました。

Uniswap (V3) Polygonのローンチ日は?

2018年11月にV1バージョンをローンチし、その後2020年8月にV2バージョンに改良を加えた後、2021年5月にV3バージョンをローンチしました。ただし、V3バージョンは2021年11月に、Polygonのみでリリースされました。

Uniswap (V3) Polygonの本拠地は?

Uniswap Labsの本社はニューヨーク市にあります。

Uniswap (V3) Polygon制限対象国

2022年7月現在Uniswapはベラルーシ、キューバ、イラン、北朝鮮、シリア、コートジボワール、リベリア、スーダン、ジンバブエ、イラクなど米国政府の制裁を受けた10カ国からのユーザーを利用禁止しています。

Uniswap (V3) Polygon対応コイン一覧

パーミッションレスな分散型取引所として、トークンは流動性を提供する人なら誰でも自由に上場することができます。執筆時点で最も流動性の高いトークンには、ステーブルコインと、USDCラップドBTCwETHおよびDAIのようなラップドトークンが含まれます。

Uniswap (V3) Polygonの手数料は?

V3バージョンには柔軟な料金体系があります。ステーブルコイン取引ペアの手数料は0.05%、ETHやステーブルコインなどの標準的な非相関プールの手数料は0.3%、その他のペアの手数料は1%です。プロトコル料金はこれ以上ありませんが、ガバナンスを通じて追加することができます。

Uniswap (V3) Polygonでレバレッジ使用や証拠金取引はできる?

Uniswap V3はレバレッジや証拠金取引を提供していません。

もっと読む

市場

#通貨ペアPrice USD1h 変化24h 変化

24h Txns

24h ボリューム

流動性希薄後時価総額

読み込み中...

免責事項:このページには、アフィリエイトリンクが含まれている場合がります。ユーザーがアフィリエイトリンクよりアフィリエイトプラットフォームで登録や取引など特定の操作を行うことにより、CoinMarketCapは収益を得る場合があります。詳細は、アフィリエイトに関する情報開示をご参照ください。