Sushiswap's RouteProcessor2 contract has an approval bug. Please revoke all approvals. Find more details here.
SushiSwap (Ethereum)

SushiSwap (Ethereum)

Dex取引高(24h)

¥748,078,518.21

71 BTC

SushiSwap (Ethereum)について

SushiSwapとは?

SushiSwapは、AMMを使用する分散型取引所(DEX)です。この自動化されたマーケットメーカーは、スマートコントラクトを利用して、さまざまなトークンペアを取引するための市場を作ります。流動性プロバイダーは、これらのスマートコントラクトに資本を供給し、フリクションレスな取引を可能にします。この取引所は、このモデルを最も早く採用したものの1つであり、当初は別の人気のあるDEXであるUniSwapのフォークでした。その後、DeFi全体で最大の取引所の1つに成長し、現在ではほぼすべてのEVM互換レイヤー1ブロックチェーンEthereum用のいくつかのレイヤー2ソリューションで利用できます。

この取引所は、パーミッションレス非カストディアルな取引を楽しみたいDeFiトレーダーや機関投資家を主に対象としています。流動性の問題を排除し、他の取引所よりも平等主義的なガバナンスアプローチを採用しています。ネイティブトークンは、ガバナンス提案への投票に使用できます。

コア製品ラインナップには、預けられた資本の利回りを生み出すトークン金庫(Vault)であるBento Boxが含まれます。Kashi Lendingは、誰でもカスタマイズされたガス効率の高いトークン市場を作成できる貸付および証拠金取引プラットフォームです。MasterChef V2は、執筆時点で10億ドルを超える流動性提供プログラムです。最後にMisoは、固定価格またはオランダのオークションオプションのいずれかを通じて、取引所での取引権をプロジェクトに提供します。

SushiSwapの創設者は?

SushiSwapはもともとChef Nomi(仮名)によって設立されました。彼(ら)は後にプロジェクトを去り、その管理をsushiswapと0xMakiと呼ばれる他の2人の仮名の開発者に引き渡しました。彼らは、取引所の所有権が中央集権型取引所であるFTXのCEOであるSam Bankman-Fried氏に引き継がれる前に、製品とビジネスを開発しました。

SushiSwapのローンチ日は?

SushiSwapは2020年8月にローンチしました。

SushiSwapの本拠地は?

取引所には中央本部はなく、分散的に運営されています。

SushiSwap制限対象国

本取引所の制限対象国に関する情報はありません。

SushiSwap対応コイン一覧

SushiSwapは、いくつかのレイヤー1およびレイヤー2ブロックチェーンに存在するため、市場に出回っているほぼすべてのERC-20トークンに対応しています。

SushiSwapの手数料は?

取引所は、トークンスワップに対して業界標準の0.3%を請求します。

SushiSwapでレバレッジ使用や証拠金取引はできる?

Sushiswapは、独自の孤立市場型フレームワークを使用する貸付および証拠金取引プラットフォームであるKashiを提供しています。

もっと読む

市場

#通貨ペアPrice USD1h 変化24h 変化

24h Txns

24h ボリューム

流動性希薄後時価総額

読み込み中...

免責事項:このページには、アフィリエイトリンクが含まれている場合がります。ユーザーがアフィリエイトリンクよりアフィリエイトプラットフォームで登録や取引など特定の操作を行うことにより、CoinMarketCapは収益を得る場合があります。詳細は、アフィリエイトに関する情報開示をご参照ください。