PancakeSwap v2 (BSC)

PancakeSwap v2 (BSC)

Dex取引高(24h)

¥16,674,355,181.56

1,835 BTC

PancakeSwap v2 (BSC)について

PancakeSwap (V2)について

PancakeSwap (V2)は、BNBチェーンBEP-20トークンスワップを可能にする人気の分散型取引所(DEX)です。BNBチェーンエコシステム最大の取引所であり、市場シェアトップのDEXの1つです。取引所は自動マーケットメーカー (AMM)モデルを採用しており、ユーザーは流動性プールに対して取引することができます。ユーザーは、流動性プロバイダーとしてLPトークンを受け取ることができ取引手数料の一部を得ることができます。

LPトークン所有者は、取引所のユーティリティトークンであるCAKEを獲得するためにイールドファーミングに従事することもできます。トークンは、いわゆる「シロッププール」に柔軟または固定された期間ステーキングすることができます。柔軟なステーキングでは、ユーザーはいつでもステークを解除でき、固定ステーキングでは、最大52週間トークンをロックアップして、利回りを最大化します。

さらにPancakeSwap(V2)では、ユーザーがCAKEで賞品を獲得できるくじを提供しています。NFTマーケットプレイスでは、グッズを取引することができ、NFTプロフィールシステムを使用することで、パーソナライズされたプロフィールを設定できます。ApolloXと提携して開発された永久取引が可能な取引所もあり、いくつかの人気のあるトークンペアの先物取引を無期限で提供しています。ユーザーは人気のあるトークンペアをレバレッジ取引して、口座残高よりも大きなポジションを注文することができます。

PancakeSwap (V2)の創設者は?

PancakeSwap(V2)の創設者は匿名で、取引所の「キッチン」で働く匿名の「シェフ」24名で構成された強力なチームを率いています。この取引所はオープンソースであり、CertikやSlowmistなどの著名な監査企業によって監査されています。

PancakeSwap (V2)のローンチ日は?

PancakeSwap (V2)は2020年9月にローンチしました。

PancakeSwap (V2)の本拠地は?

分散型取引所であるため、チームはリモートで動きます。しかしCrunchbaseによると、PancakeSwapは日本の福岡に本社を置いているそうです。

PancakeSwap (V2)制限対象国

取引所は分散化されているため、制限国はありません。しかし、キューバ、イラン、ジンバブエ、イラク、クリミア、シリア、スーダン、ベラルーシ、コンゴ民主共和国の国々がジオブロックされています。

PancakeSwap (V2)対応コイン一覧

すべてのBEP-20トークンだけでなく、BTC/USDT、ETH/USDT、BNB/USDT、および他のすべての大きなレイヤー1ブロックチェーンなどの、いくつかの一般的な先物ペアも取引できます。

PancakeSwap (V2)の手数料は?

執筆時点では、トークンスワップには0.25%の取引手数料がかかり、0.17%が手数料報酬として流動性プールに返され、0.03%が資金管理庫に送られ、0.05%が買い戻しとバーン・プログラムに充てられます。

PancakeSwap (V2)でレバレッジ使用や証拠金取引はできる?

永久先物取引所では、大きな取引ペアでは最大150倍、小さな取引ペアでは最大50倍のレバレッジが可能です。

もっと読む

市場

#通貨ペアPrice USD1h 変化24h 変化

24h Txns

24h ボリューム

流動性希薄後時価総額

読み込み中...

免責事項:このページには、アフィリエイトリンクが含まれている場合がります。ユーザーがアフィリエイトリンクよりアフィリエイトプラットフォームで登録や取引など特定の操作を行うことにより、CoinMarketCapは収益を得る場合があります。詳細は、アフィリエイトに関する情報開示をご参照ください。